2人のヒストリーをゲストにお披露目!「ラブストーリーボード」が流行中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の会場の入り口に置いてゲストをお迎えするウェルカムボードは、結婚式の定番のアイテムです。自分たちで一から手作りをしたり、既製品のボードにアレンジを加えたりと準備の仕方はさまざまです。
最近では、ウェルカムボードの代わりに、2人の出会いや結婚までのストーリーを記した「ラブストーリーボード」を置くカップルが増えています。このラブストーリーボードとは、一体どんなものなのでしょうか? オシャレカップルたちがこぞって取り入れている「ラブストーリーボード」について詳しくご紹介していきます!

2人の足跡をオシャレに紹介! ラブストーリーボードとは

ラブストーリーボードとは、これまで2人がどんなお付き合いをしてきたのかが一目で分かるように紹介するボードのこと。紹介といっても、「○○さんの紹介でお付き合いをスタート!」といったように詳しく書くのではなく、英語などを使ってオシャレに仕上げるのがポイントです。

「We first met?2014.01.29」
「2015.05.13 HE STOLE HER HEART」
「JUST MARRIED! May.15.2016」
といったように、2人が恋に落ちた日からプロポーズの日、結婚式当日の日付などを時系列順に簡潔に書き示します。2人のお付き合いの経過を詳しく知らない会社の上司や親戚などのゲストでも、「5年付き合ってゴールインしたんだ」など、2人の関係をさらりと知ることができるのが魅力です。
また、口に出して説明をしなくても、「お付き合いしてから○年間、幸せだったんだな」というように2人のなれ初めや絆の強さをゲストが想像することもできます。
ラブストーリーボードを置くことでよりハッピーな気持ちを感じてもらえる結婚式になるはずです。

さらに、結婚式が終わったあとはそのまま自宅に飾ることもできるので、結婚式の思い出をインテリアとして楽しむことができます。ラブストーリーボードを見ながら「初めて会った日から今日で7年かぁ」といつまでも思い出を振り返ることもできますよ。

2人らしいラブストーリーボードを!

ラブストーリーボードは、ウェルカムボードと同じように自分たちで手作りするカップルが多いです。イラストを添えて華やかさを出したり、フォトフレームに入れてオシャレにしたりと色々工夫できるのが嬉しいですね。アイデア次第でさまざまなアレンジができるので作り甲斐もありますよ。

もちろん、手づくりは苦手、上手に作れる自信がないという方のために、ラブストーリーボードをセミオーダーやオーダーメイドで作ってくれるところもあります。個性をプラスしたいときには自分で花をあしらってみたり、飾り付けのときに一緒にぬいぐるみを置いたりすればOK。設置方法にもこだわりましょう。手作りが苦手な方はぜひプロの力を借りてみてくださいね。

ラブストーリーボードは、結婚式に来てくれたゲストの目を楽しませて会場をオシャレに素敵に彩ってくれます。ラブストーリーボードを取り入れて、素敵な結婚式を実現させましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品


  • リゾートウェディング
  • 和風ウェディング
  • 婚姻届 えらべる婚姻届

カテゴリーから探す

コンテンツを見る

カテゴリーから探す

コンテンツを見る